2020.08.04
glossary

用語解説 装置製作編

金属加工、機械加工における、専門用語「幾何公差編」をわかりやすく解説致します。
装置製作ビギナーの人にとっては装置用語がなかなか覚えられない、意味が分からないものが多い事があるのではないでしょうか。
加工部品の専門商社がまとめた〈装置製作の専門用語集〉で理解を深めていただけるコンテンツとなっています。

IOチェック

IOチェックとは、InputとOutputのチェック(入出力の確認)をすることを指します。例えば装置の場合なら動作確認時など、意図した指示が正しく行われているかを確認したりする。

 

デバッグ

デバッグとは、電気機器中の不具合が出ている箇所を発見・修正して、正しい動作に戻す作業のことをいう。(bug バグ:虫)の意味があり、害虫を取り除く=欠陥を修正するとなった。

 

自動供給装置

自動供給装置とは、電子部品・医薬品・食品向けなどの各種パーツやワークを次工程に送り出し供給する装置。四散したパーツを振動体により整え、アタッチメントで一定方向に配置させて、組立機・包装機・検査機などに供給する。パーツフィーダーとも呼ばれる。簡潔でありながら精密さが必要な装置である。

生産設備、搬送機、検査機、自動供給装置、半自動装置、洗浄機などあらゆる業界の装置製作実績あり。
装置・治具の設計、製作、据付まで一貫してお任せいただけます。

 

装置製作の強み

装置製作にかかる一連の流れをワンストップで完結します!

・簡単な治具の設計からメカトロニクスまで幅広く対応
・社内の技術設計者が直にご相談に伺います
・加工部品調達(弊社母体)の加工調達先キャパ1,000社
・都度の立ち合いに対応
・社内セットスペースあり

図面を御支給いただいての製作や組立てのみのご依頼にも対応可能です!

おすすめの記事

  • glossary
    2020.06.18
    用語解説 板金加工編
  • glossary
    2020.05.15
    用語解説 マシニング加工編
  • glossary
    2020.05.29
    用語解説 ローレット加工編
詳細について、お気軽にお問い合せください
bigArrow
mail
お問い合せはこちら
arrow