• ホーム
  • コラム
  • ワイヤー放電加工(ワイヤーカット)とは?加工の概要や仕組みを解説
2023.03.15
column

ワイヤー放電加工(ワイヤーカット)とは?加工の概要や仕組みを解説

ワイヤー放電加工とは

機械加工の内、除去加工に含まれているワイヤー放電加工は、ワイヤーカットとも呼ばれています。
本記事では、ワイヤー放電加工とは何か、加工の概要や仕組みについて解説していきます。

会社パンフダウンロード

 

ワイヤー放電加工(ワイヤーカット)とは

ワイヤー放電加工とは、除去加工に含まれる放電加工の一つで、真鍮などのワイヤー線に電流を流して、糸のこぎりのように加工物を溶融させながら切断する加工方法を指します。
ワイヤーカットとも呼ばれているワイヤー放電加工は緻密な作業を得意とし、電気を通しやすい素材、いわゆる電気伝導体であれば硬い素材でも加工が可能といった特徴を持ちます。
このようなワイヤー放電加工を行うための加工機をワイヤー放電加工機と呼びます。

その他の放電加工

そもそも放電加工とは、電気エネルギーで火花を発生させて加工を行う加工方法で、ワイヤー放電加工以外にも、形彫放電加工や細穴放電加工などがあります。
切削加工では難しい複雑な形状を高精度かつ、硬い素材も加工できることから金型の製作など、精度を求められる少量生産に用いられています。
 

ワイヤー放電加工の仕組み

ワイヤー放電加工機を用いて加工を行います。
細いワイヤーの電極と加工物の間に放電を発生させて加工を行うワイヤー放電加工機を使用します。
ワイヤー放電加工機の加工槽には加工液が満たされており、その加工液は加工用途に応じて使い分けます。
加工液で満たされた加工槽の中で、ワイヤーと加工物が接近することで放電が発生し、パルス電流が流れることで数千度もの高温になり加工物が溶融、その時の高温で瞬時に気化、爆発現象が発生して加工物とワイヤーの表面にある溶けた金属を吹き飛ばすのが、ワイヤー放電加工の仕組みです。
ワイヤーカットの原理
 

ワイヤー放電加工のメリット

ワイヤー放電加工は先述した通り、電気伝導体であれば素材の硬さに関係なく加工することができたり、加工精度が高いことからμ単位の加工ができたりするといったメリットがあります。
その他にも、加工に用いる工具はワイヤーのみであることから、多様な工具を必要とするマシニングセンタなどに比べてコストがかからないのもメリットと言えるでしょう。
 

おわりに

ワイヤー放電加工は、真鍮などのワイヤー線に電流を流して、加工物を溶融させながら切断する加工方法のことを指し、緻密な作業に向いていたり、電気伝導体であればどのような硬い素材でも加工ができたりといった特徴を持ちます。

エージェンシーアシストのワイヤー放電加工の製作実績については下記ページをご参考ください。

ワイヤーカット/放電加工

ワイヤーカット・放電加工部品もエージェンシーアシストにお任せください!

部品加工

エージェンシーアシストの加工実績はこちら
鉄・アルミ・ステンレスなどの加工実績を多数ご紹介しています。

エージェンシーアシストは、材料の手配から加工表面処理まで含めて一社購買で調達します。
部品1個からの多品種小ロットで対応が可能です。

さらに、社内の品質管理部門で検査済みの製品をお届けします。

お見積り無料!お気軽にご相談ください。

おすすめの記事

  • glossary
    2020.08.04
    用語解説 ワイヤーカット・放電加工編
  • column
    2023.12.08
    加工部品の見積|見積の構成や内訳とは?
  • column
    2022.07.22
    3DCADと2DCADの違い│部品調達のゆくえ
詳細について、お気軽にお問い合せください
bigArrow
mail
お問い合せはこちら
arrow
お問い合わせボタン
お役立ちBOOKダウンロードはこちら