2020.08.06
glossary

用語解説 マシナリー編

金属加工、機械加工における、専門用語「マシナリー編」をわかりやすく解説致します。
装置製作ビギナーの人にとっては装置用語がなかなか覚えられない、意味が分からないものが多い事があるのではないでしょうか。
加工部品の専門商社がまとめた〈マシナリーの専門用語集〉で理解を深めていただけるコンテンツとなっています。

治具

治具とは、加工物を固定し、位置決めをしたり、加工位置を指示・誘導したりするための補助工具のこと。元々、英語の「jig」に漢字を当てた言葉で、本来は「工具の位置合わせ」「案内機構」を意味していたが、日本語の「治具」では加工物を締め付け固定する「取り付け具」の意味合いも入っている。同一製品を複数生産する際に、繰り返し精度を出すために治具を用いて位置決めや固定を行うほか、組立用や溶接用、検査用など工程によって治具の種類が存在する。

 

アッセンブリー

アッセンブリーとは、生産工程における組付け作業や、複数のパーツを組み合わせてできる構成部品を意味する。自動車や電子機器などに内蔵されているユニットには複数のパーツが集まって構成されており、これらを組み付ける作業や部品を指す。「Assembly」からASSY(アッシー)とも呼ばれる。

 

FA

FAとは、ファクトリーオートメーション(Factory Automation)の略で、コンピュータによって生産工程の自動化を図ること。従来、人間が行っていた作業を産業用ロボットが行うことで生産性や品質の向上、また製造ラインを無人化できるので人件費の削減などが可能になる。製造現場では、1980年代頃からNC工作機械やマシニングセンタなどの数値制御された工作機械が導入されているが、近年では工場内における工程の全般をシステム化する流れが進んでいる。

 

AGV

AGVとは、Automatic Guided Vehicleの略で、「無人搬送車」を意味する。自動かつ無人で走行することができ、工場内の搬送車として製造現場を中心に用いられている。磁気によって誘導するものや、微弱な電流によって誘導するものなど、誘導方法は様々。衝突などを防ぐためにセンサーによる安全装置を備えているものが一般的である。

 

装置製作の強み

装置製作にかかる一連の流れをワンストップで完結します!

・簡単な治具の設計からメカトロニクスまで幅広く対応
・社内の技術設計者が直にご相談に伺います
・加工部品調達(弊社母体)の加工調達先キャパ1,000社
・都度の立ち合いに対応
・社内セットスペースあり

図面を御支給いただいての製作や組立てのみのご依頼にも対応可能です!

おすすめの記事

  • glossary
    2020.08.04
    用語解説 装置製作編
  • glossary
    2020.07.31
    用語解説 ビジネス(製造)編
  • glossary
    2020.05.29
    用語解説 研磨加工編
詳細について、お気軽にお問い合せください
bigArrow
mail
お問い合せはこちら
arrow