2022.07.26
column

画像寸法測定とは?活用メリットやポイント

画像寸法測定とは

寸法測定は対象物によっては時間がかかったり、人の手で測定することでばらつきが出てしまったりするかと思います。
そのようなときに画像寸法測定が用いられます。
本記事では、画像寸法測定とは何か、活用することで得られるメリットやポイントについてご紹介していきます。

 

画像寸法測定とは

画像寸法測定とは、投影された画像を対象物として、寸法測定や幾何公差測定、対象物の高さや深さなどを瞬時に測定できる測定方法です。
投影される画像が高解像度であるほど、精度の高い測定が可能です。
人の手で測定をする場合は1箇所ずつですが、画像寸法測定器であれば複数箇所を一度に測定することができ、また測定精度のばらつきが発生しないなどの特徴があります。
 

画像寸法測定を活用するメリット

画像寸法測定を活用することで得られるメリットについてご紹介していきます。

人的ミスの防止

人の手で測定すると測定精度のばらつきが懸念されますが、画像寸法測定では測定器が測定を行いますので、測定精度のばらつきがありません。
また、対象物によっては長時間の測定作業になるため、人の手で測定すると疲労や集中力の低下、急いで作業をしてしまうことによるミスの発生も考えられます。
画像寸法測定を用いることで、測定ミスや記入ミスなどの人的ミスの防止にもつながるといったメリットも得られます。

測定・検査時間の短縮

画像センサーによって瞬時に測定ができる画像寸法測定は、人の手で測定するよりも短時間で測定することができます。
測定や検査時間の短縮ができることから人員削減にもつながり、全体のコスト削減も可能です。
品質を安定させ、時間やコストの削減ができることは大きなメリットと言えるでしょう。
 

画像寸法測定器のポイント

画像寸法測定器のポイントはカメラの性能です。
高性能なカメラで撮影することでより精度の高い寸法測定が可能となります。
画素数や撮影カラーをはじめ、ピントや歪みなどといったレンズに関してもおさえておくべきポイントがあります。

エージェンシーアシストでは、キーエンス製の画像寸法測定器を導入しています。
高解像度の撮影が可能なレンズを採用したIMシリーズやLMシリーズは、精度が高く複数箇所、複数対象物の測定を一度に行います。
また、撮影したデータとCAD図面を画面上で比較することができるため、より正確に差異のある箇所と差分を把握することが可能です。
計測サービス事業ページはこちら
 

おわりに

画像寸法測定とは何か、活用することで得られるメリットやポイントについてご紹介しました。
より精度の高い測定が必要な場合は、画像寸法測定を用いた計測サービスをご活用いただいてみてはいかがでしょうか。

受託測定も「エージェンシーアシスト」にお任せください!

エージェンシーアシストには品質管理センターが国内に3拠点あり、
加工部品調達サービスの納品前検査はもちろんのこと、「検査だけ」の受託測定もお受けしております。

三次元測定機や画像寸法測定器、成分分析機など
検査機器ラインナップはこちら https://www.agency-assist.co.jp/service/measurement/

おすすめの記事

  • column
    2021.06.09
    テーパーとは│勾配との違いやテーパー合わせについて
  • column
    2021.03.22
    ヘリサート(ねじインサート)の基礎知識│加工や図面表記について
  • column
    2022.04.21
    ミガキ材とは?黒皮材との違いや特徴をご紹介
詳細について、お気軽にお問い合せください
bigArrow
mail
お問い合せはこちら
arrow